ヘリコバクター・ピロリ専門外来のご案内

堤 康一郎先生の論文がEndoscopy誌に採用されました



2014/12/18

堤 康一郎 先生の論文がEndoscopy誌に採用されました。

おめでとうございます。

Usefulness of the rendezvous technique for deep scope insertion during endoscopic retrograde cholangiography in a patient with a Roux-en-Y hepaticojejunostomy.

Tsutsumi K, Kato H, Okada H, Yamamoto K.

Endoscopy. 2014 0;46(S 01):E619-E620. Epub 2014 Dec 11. No abstract available.
PMID: 25502269 [PubMed - as supplied by publisher]


Transplanted liver graft ischemia caused by pediatric ERCP in the prone position.

Tsutsumi K, Kato H, Okada H, Yagi T, Yamamoto K.

Endoscopy. 2014 0;46(S 01):E594-E595. Epub 2014 Dec 11. No abstract available.
PMID: 25502256 [PubMed - as supplied by publisher]


宮原 孝治先生の論文がHepatol Res誌に掲載されました



2014/12/18

宮原 孝治 先生の論文がHepatol Res誌に掲載されました。

おめでとうございます。

Alteration of N-glycan profiles in patients with chronic hepatitis and hepatocellular carcinoma.


Miyahara K, Nouso K, Dohi C, Morimoto Y, Kinugasa H, Wada N, Takeuchi Y, Kuwaki K, Onishi H, Ikeda F, Miyake Y, Nakamura S, Shiraha H, Takaki A, Amano M, Nishimura SI, Yamamoto K.


Hepatol Res. 2014 Dec 12. doi: 10.1111/hepr.12441. [Epub ahead of print]
PMID: 25495282 [PubMed - as supplied by publisher]


学会発表・研究会・講演のページを更新しました

2014/12/16

学会発表・研究会・講演のページを更新しました。

第102回 日本消化器病学会 中国支部例会

UEGW2014(第22回欧州消化器病週間)

の記事を追加しました。

第28回 肝類洞壁細胞研究会 学術集会が開催されました



2014/12/15

12月13日(土)~14日(日)にアークホテル岡山にて、第28回 肝類洞壁細胞研究会 学術集会が開催されました。

当科の山本 和秀 教授が当番世話人を務められました。

全国から多数の医師・研究者が出席され、盛況のうちに終了いたしました。

第11回 岡山消化管内視鏡診断・治療セミナーが開催されました

2014/12/12

12月11日(木)に岡山コンベンションセンターで開催された 第11回 岡山消化管内視鏡診断・治療セミナー にて、河原 祥朗 先生が当番世話人を担当されました。

 
消化管疾患の診断に関して、症例を基にした活発な討議が行われました。

また特別講演ではNTT東日本関東病院 消化器内科 野中 康一 先生をお迎えし、ムコゼクトームを用いた大腸の手技についてご講演いただきました。