ヘリコバクター・ピロリ専門外来のご案内

小腸疾患研究会にて、岩室 雅也先生が演題発表されました



2014/09/06

9月5日(金)に岡山プラザホテルで開催された 第15回 小腸疾患研究会 にて、当科の岩室 雅也 先生が「消化管濾胞性リンパ腫患者における小腸内視鏡検査の実施状況に関する多施設共同研究」について演題発表されました。 

 
岡山市および近隣の地区から来場された多数の先生方、医療関係者が聴講され、盛況のうちに終了いたしました。

半井 明日香先生の論文がIntern Med誌に掲載されました



2014/09/02

半井 明日香 先生の論文がIntern Med誌に掲載されました。

おめでとうございます。

Slight Increases in the Disease Activity Index and Platelet Count Imply the Presence of Active Intestinal Lesions in C-reactive Protein-negative Crohn's Disease Patients.


Nakarai A, Kato J, Hiraoka S, Inokuchi T, Takei D, Morito Y, Akita M, Takahashi S, Hori K, Harada K, Okada H, Yamamoto K.


Intern Med. 2014;53(17):1905-11. Epub 2014 Sep 1.
PMID: 25175121 [PubMed - in process]


山崎 泰史先生の論文がJ Gastroenterol Hepatol誌に掲載されました



2014/09/01

山崎 泰史 先生の論文がJ Gastroenterol Hepatol誌に掲載されました。

おめでとうございます。

Use of noninvasive serum glycan markers to distinguish nonalcoholic steatohepatitis from simple steatosis.


Yamasaki Y, Nouso K, Miyahara K, Wada N, Dohi C, Morimoto Y, Kinugasa H, Takeuchi Y, Yasunaka T, Kuwaki K, Onishi H, Ikeda F, Miyake Y, Nakamura S, Shiraha H, Takaki A, Iwasaki Y, Amano M, Nishimura SI, Yamamoto K.
 

J Gastroenterol Hepatol. 2014 Aug 28. doi: 10.1111/jgh.12726. [Epub ahead of print]
PMID: 25168691 [PubMed - as supplied by publisher]


岡田 裕之教授がFDの病態と治療について講演されました

2014/08/30

8月30日(金)にリーガロイヤルホテル新居浜にて、岡田 裕之 教授(光学医療診療部)が「たかが胃もたれ、されど胃もたれ ~FDの病態と治療~」について講演されました。

新居浜地区および周辺より多数の医師・医療関係者が出席され、盛況のうちに終了いたしました。

内田 大輔先生の論文がJ Clin Gastroenterol誌に採用されました



2014/08/29

内田 大輔 先生の論文がJ J Clin Gastroenterol誌に採用されました。

おめでとうございます。

Efficacy of Endoscopic Over 3-branched Partial Stent-in-Stent Drainage Using Self-expandable Metallic Stents in Patients With Unresectable Hilar Biliary Carcinoma.
 

Uchida D, Kato H, Muro S, Noma Y, Yamamoto N, Horiguchi S, Harada R, Tsutsumi K, Kawamoto H, Okada H, Yamamoto K.


J Clin Gastroenterol. 2014 Aug 25. [Epub ahead of print]
PMID: 25159682 [PubMed - as supplied by publisher]