ヘリコバクター・ピロリ専門外来のご案内

内田 大輔 先生の論文がBMC Gastroenterol誌に掲載されました



2019/12/21

内田 大輔 先生の論文がBMC Gastroenterol誌に掲載されました。

おめでとうございます。

Single-session esophagogastroduodenoscopy and endoscopic ultrasound using a forward-viewing radial scan ultrasonic endoscope.


Uchida D, Kato H, Matsumoto K, Ishihara Y, Matsumi A, Saragai Y, Takada S, Yabe S, Muro S, Tomoda T, Horiguchi S, Okada H.


BMC Gastroenterol. 2019 Dec 18;19(1):220. doi: 10.1186/s12876-019-1141-7.
PMID: 31852458

 

松本 和幸 先生の論文がGut Liver誌に採用されました



2019/12/13

松本 和幸 先生の論文がGut Liver誌に採用されました。

おめでとうございます。

Utility of Endoscopic Ultrasound-Guided Fine Needle Aspiration in the Diagnosis of Local Recurrence of Pancreaticobiliary Cancer after Surgical Resection.
 

Matsumoto K, Kato H, Horiguchi S, Tomoda T, Matsumi A, Ishihara Y, Saragai Y, Takada S, Muro S, Uchida D, Okada H.


Gut Liver. 2019 Dec 12. doi: 10.5009/gnl19200. [Epub ahead of print]
PMID: 31818050

 

第12回 上部消化管研究会 が開催されました

2019/12/12

12月11日(水)に岡山コンベンションセンターにて 第12回 上部消化管研究会 が開催されました。

神崎 洋光 先生が非乳頭部十二指腸腺腫・癌に関する最新の知見について一般演題を発表されたほか、岡田 裕之 教授が開会の挨拶および特別講演の座長を担当されました。

安富 絵里子 先生の論文がJ Clin Med誌に掲載されました



2019/12/10

安富 絵里子 先生の論文がJ Clin Med誌に掲載されました。

おめでとうございます。

Switching between Three Types of Mesalazine Formulation and Sulfasalazine in Patients with Active Ulcerative Colitis Who Have Already Received High-Dose Treatment with These Agents.


Yasutomi E, Hiraoka S, Yamamoto S, Oka S, Hirai M, Yamasaki Y, Inokuchi T, Kinugasa H, Takahara M, Harada K, Kato J, Okada H.

J Clin Med. 2019 Dec 2;8(12). pii: E2109. doi: 10.3390/jcm8122109.

PMID: 
31810227

2019年度 消化器内科忘年会が開催されました





2019/12/07

12月6日(金)に2019年度 消化器内科忘年会が かに道楽 岡山店 で開催されました。

 
岡田 裕之 教授をはじめ多数の先生方、看護師さん、クラークさん、薬剤師さん、研修医、学生さんが出席され、岡田教授によるクイズ大会、趣向を凝らした出し物、豪華景品の当たるビンゴ大会などもあり、昨年に劣らず盛会の内に終わりました。
 
幹事の先生方、お疲れ様でした。