ヘリコバクター・ピロリ専門外来のご案内

宮原 孝治 先生の論文がHepatol Res誌に掲載されました



2014/04/24

宮原 孝治 先生の論文がHepatol Res誌に掲載されました。


おめでとうございます。
 

Evaluation of the effect of sorafenib using serum NX-des-γ-carboxyprothrombin in patients with hepatocellular carcinoma.


Miyahara K, Nouso K, Morimoto Y, Tomoda T, Kobayashi S, Takeuchi Y, Hagihara H, Kuwaki K, Ohnishi H, Ikeda F, Miyake Y, Nakamura S, Shiraha H, Takaki A, Yamamoto K; Okayama Liver Cancer Group.


Hepatol Res. 2013 Oct;43(10):1064-70. doi: 10.1111/hepr.12055. Epub 2013 Jan 25.

PMID: 23347420 [PubMed]




 

加藤 博也先生の論文がDig Endosc誌に掲載されました



2014/04/23

加藤 博也 先生の論文がDig Endosc誌に掲載されました。
 
おめでとうございます。

Short double-balloon enteroscopy is feasible and effective for endoscopic retrograde cholangiopancreatography in patients with surgically altered gastrointestinal anatomy.


Kato H, Tsutsumi K, Harada R, Okada H, Yamamoto K.

Dig Endosc. 2014 Apr;26 Suppl 2:130-5. doi: 10.1111/den.12251.


PMID:
24750163 
[PubMed - in process]

初期研修医歓迎会を開催しました

2014/04/19

4月から消化器内科で初期研修をされる先生方への歓迎の意を込め、歓迎会を開催いたしました。

 
期日:4月18日(金) 19時半~
場所:俺んちの旨い料理 元気もん
 
消化器・肝臓内科の病棟医、大学院生、スタッフ医師で初期研修医の先生方を歓迎するとともに、英気を養いました。
幹事の先生方、お疲れ様でした。

高原 政宏先生と杉原 雄策先生が国内留学の成果について講演されました

2014/04/18

4月17日(木)に高原 政宏先生(東京医科歯科大学へ国内留学)、杉原 雄策先生(昭和大学横浜市北部病院へ国内留学)がそれぞれ国内留学の成果について講演され、病棟医、大学院生、スタッフ医師をはじめ、医学部生、研修医が拝聴いたしました。

 
杉原先生の留学記は以下のページでもご覧いただけます。

第11回 岡山IBDカンファレンスが開催されました

2014/04/18

4月17日(木)に岡山コンベンションセンターにて、第11回 岡山IBDカンファレンスが開催されました。

 
当科からは高嶋 志保 先生が一般演題を発表されました。
また横浜市立大学附属市民総合医療センター 炎症性腸疾患(IBD)センター 部長 木村 英明 先生をお招きし、潰瘍性大腸炎における外科治療選択のタイミングについて特別講演を行っていただきました。
 
岡山市内および周辺地区からも多数の先生方にご来場いただき、盛況のうちに終了致しました。