ヘリコバクター・ピロリ専門外来のご案内

糖尿病と肝疾患Meeting―代謝性肝疾患の未来を切り拓く―が開催されました

2018/01/24

1月23日(火)にメルパルク岡山にて糖尿病と肝疾患Meeting―代謝性肝疾患の未来を切り拓く―が開催されました。

高木 章乃夫 准教授が特別講演の座長を務められました。

水川 翔 先生の論文がBMC Gastroenterol誌に掲載されました







2018/01/23

水川 翔 先生の論文がBMC Gastroenterol誌に掲載されました。

おめでとうございます。

Endoscopic balloon dilatation for benign hepaticojejunostomy anastomotic stricture using short double-balloon enteroscopy in patients with a prior Whipple's procedure: a retrospective study.
 

Mizukawa S, Tsutsumi K, Kato H, Muro S, Akimoto Y, Uchida D, Matsumoto K, Tomoda T, Horiguchi S, Okada H.


BMC Gastroenterol. 2018 Jan 18;18(1):14. doi: 10.1186/s12876-018-0742-x.
PMID: 29347923

 

濱田 健太 先生の論文がEndoscopy誌に採用されました



2018/01/21

濱田 健太 先生の論文がEndoscopy誌に採用されました。

おめでとうございます。

Endoscopy. 2018 Jan 19. doi: 10.1055/s-0043-124765. [Epub ahead of print]

Safety of cold snare polypectomy for duodenal adenomas in familial adenomatous polyposis: a prospective exploratory study.

Hamada K#1,2, Takeuchi Y1, Ishikawa H#3, Ezoe Y#3, Arao M#1, Suzuki S#1, Iwatsubo T#1, Kato M#1, Tonai Y#1, Shichijo S#1, Yamasaki Y#1,2, Matsuura N#1, Nakahira H#1, Kanesaka T#1, Yamamoto S#1, Akasaka T#1, Hanaoka N#1, Higashino K#1, Uedo N#1, Ishihara R#1, Okada H#2, Iishi H#1.

Myanmar Health Research Congressに岡田教授、杉原先生が参加されました









2018/01/17

2018/1/8/〜2018/1/12にミャンマーのYangon大学、Department of Medical Researchで開催された

46th Myanmar Health Research Congress

Symposium on Gastrointestinal cancer prevention and screening in Myanmar and Japan:
Gastric cancer and colon cancer

のシンポジウムで岡田教授が司会と演題発表を、杉原先生が演題発表を担当されました。
Yangon大学の消化器内科教授Thein Myint先生を始め多くの先生と一緒に消化器癌に関する議論を展開され、有意義な会となりました。

山崎 泰史 先生の論文がAnn Gastroenterol誌に採用されました



2018/01/17

山崎 泰史 先生の論文がAnn Gastroenterol誌に採用されました。

おめでとうございます。

Underwater endoclip closure after endoscopic resection for duodenal adenomas.
 

Yamasaki Y, Kanzaki H, Kawahara Y, Okada H.


Ann Gastroenterol. 2018 Jan-Feb;31(1):121. doi: 10.20524/aog.2017.0202. Epub 2017 Oct 16. No abstract available.
PMID: 29333077