ヘリコバクター・ピロリ専門外来のご案内

岩室 雅也 先生の論文がWorld J Gastroenterol誌に掲載されました



2017/10/06

岩室 雅也 先生の論文がWorld J Gastroenterol誌に掲載されました。

おめでとうございます。

Management of gastric mucosa-associated lymphoid tissue lymphoma in patients with extra copies of the MALT1 gene.
 

Iwamuro M, Takenaka R, Nakagawa M, Moritou Y, Saito S, Hori S, Inaba T, Kawai Y, Toyokawa T, Tanaka T, Yoshino T, Okada H.


World J Gastroenterol. 2017 Sep 7;23(33):6155-6163. doi: 10.3748/wjg.v23.i33.6155.
PMID: 28970731


榮 浩行 先生の論文がBr J Cancer誌に採用されました



2017/10/06

榮 浩行 先生の論文がBr J Cancer誌に採用されました。

おめでとうございます。

The characteristics and outcomes of small bowel adenocarcinoma: a multicentre retrospective observational study.
 

Sakae H, Kanzaki H, Nasu J, Akimoto Y, Matsueda K, Yoshioka M, Nakagawa M, Hori S, Inoue M, Inaba T, Imagawa A, Takatani M, Takenaka R, Suzuki S, Fujiwara T, Okada H.


Br J Cancer. 2017 Oct 5. doi: 10.1038/bjc.2017.338. [Epub ahead of print]
PMID: 28982111


半井 明日香 先生の論文がJ Crohns Colitis誌に採用されました



2017/10/03

半井 明日香 先生の論文がJ Crohns Colitis誌に採用されました。

おめでとうございます。

Simultaneous measurements of fecal calprotectin and the fecal immunochemical test in quiescent ulcerative colitis patients can stratify risk of relapse.
 

Nakarai A, Hiraoka S, Takahashi S, Inaba T, Higashi R, Mizuno M, Takashima S, Inokuchi T, Sugihara Y, Takahara M, Harada K, Kato J, Okada H.


J Crohns Colitis. 2017 Aug 31. doi: 10.1093/ecco-jcc/jjx118. [Epub ahead of print]
PMID: 28961792


松本和幸先生が日本胆道学会 国際交流奨励賞を受賞されました

左:松本先生 右:加藤先生
左:松本先生 右:加藤先生

2017/10/02

9月28日-29日に山形県で開催された第53回 日本胆道学会で、松本 和幸 先生国際交流奨励賞を受賞されました。

おめでとうございます。

第53回 日本胆道学会が開催されました

2017/10/02

9月28日-29日に山形県で開催された第53回 日本胆道学会で、当院から友田 健 先生が主題で、松本 和幸 先生が口演で学会発表されました。
 

ご指導頂きました先生方に感謝申し上げます。