ヘリコバクター・ピロリ専門外来のご案内

第二回 岡山排便障害研究会が開催されました

2018/05/27

5月26日(土)にメルパルク岡山にて、第二回 岡山排便障害研究会が開催されました。

岡田 裕之 教授が開会挨拶および特別講演の座長を務められました。

岡山グーフィス錠発売記念講演会が開催されました

2018/05/26

5月25日(金)に岡山コンベンションセンターにて、岡山グーフィス錠発売記念講演会が開催されました。

岡田 裕之 教授が開会挨拶を務められました。

医学研究インターンシップ(MRI)の様子





2018/05/23

H30年度 医学研究インターンシップ(MRI)の様子

本年度も学内では2名の学生さんを受け入れており、平成30年5月7日(月)~平成30年7月26日(木)の予定で当科実験室で基礎実験作業をしていただいています。

7月26日(木)には報告会が予定されています。

H29年度に当科で研修された初期研修医の先生の声

2018/05/21

H29年度 初期研修医の先生に、当科で研修された際の感想を執筆していただきましたので、転載いたします。
 
消化器内科に興味があったので、1年目の一番初めに選択しました。研修では指導医の先生と入院患者さんを担当させて頂き、患者さんの状態の把握や病棟での仕事を教えて頂きました。また、エコー検査や内視鏡検査、腹水穿刺などの手技も学ばせて頂きました。

患者さんの把握をすること、責任を持つ事など、時に厳しくしっかり向き合って指導してくださりました。
直属の指導医の先生はもちろん、他の先生方にも聞きやすくて雰囲気もよく、恵まれた環境だったと思います。研修の一番初めに消化器内科を回って本当に良かったです。もっと勉強して回れば良かったとか、いろいろと反省もありますが、消化器の分野や消化器内科がより好きになった2か月でした。ありがとうございました。
(H29年度 初期研修医)
 
元々消化器疾患に興味があったので選択しました。1年目の4月でありオーダーの仕方など基本的な病棟業務から何も分からない状態だったのですが、どの先生方も優しく熱心にご指導くださいました。病棟業務に加えて内視鏡や超音波などの手技にも積極的に挑戦させていただくことができとても楽しかったです。更には学会発表の機会も設けていただき、色々な経験ができてとても充実した研修期間を過ごすことができました。消化器疾患に興味がある方はもちろん、ローテーションで悩んでいる方にもぜひ消化器内科での研修をおすすめしたいです。
(H29年度 初期研修医)

H30年度に当科で研修された初期研修医の先生の声

2018/05/21

H30年度 初期研修医の先生に、当科で研修された際の感想を執筆していただきましたので、転載いたします。

医師として初めての研修を消化器内科で勉強させていただきました。医学的知識のみならず、どのように研修医として過ごしていけばいいのか右も左もわからない状態でしたが、どの先生方も非常に熱心に丁寧に導いてくださり、とても良い研修のスタートを切れたと感じました。大学だから何もできないといったイメージがある方もいらっしゃると思いますが、なんでも積極的に取り組めば受け止めてくださる体制があり、また大学ならではの非常に複雑な病態の患者さんについて学べ、とても得られるものが多かった研修期間でした。あっという間の2か月でしたがこれからの医師としての人生で忘れられない2か月になると思います。指導していただいた先生方、本当にありがとうございました。

(H30年度 初期研修医)
 
4、5月と消化器内科をまわらせていただきました。はじめに消化器内科を選択した理由として、私が消化器に興味があるということと腹部症状はどの科に行っても必ず診るという理由からでした。先生方は気さくで話しやすく、カルテの書き方から検査や治療の内容に至るまで丁寧に指導して下さり、医師としての基礎的なことはもちろん、専門的な知識まで幅広く学ぶことができました。また、週に1度の内視鏡実習では実際に内視鏡を動かすことでその操作性の難しさと楽しさを感じることができました。毎日の業務の中で様々なことを学び、経験することができ消化器内科をまわって大変為になったと実感しています。指導して下さった先生方、本当にありがとうございました。
(H30年度 初期研修医)