ヘリコバクター・ピロリ専門外来のご案内

和田 望先生の論文がHepatol Int誌に採用されました。



2016/11/11

和田 望 先生の論文がHepatol Int誌に採用されました。

おめでとうございます。

Serum-inducible protein (IP)-10 is a disease progression-related marker for non-alcoholic fatty liver disease.
 

Wada N, Takaki A, Ikeda F, Yasunaka T, Onji M, Nouso K, Nakatsuka A, Wada J, Koike K, Miyahara K, Shiraha H, Yamamoto K, Okada H.
 

Hepatol Int. 2016 Nov 8. [Epub ahead of print]
PMID: 27826704


水川 翔 先生の論文がActa Med Okayama誌に掲載されました



2016/10/26

水川 翔 先生の論文がActa Med Okayama誌に掲載されました。

おめでとうございます。

A Prospective Randomized Controlled Study Comparing EUS Sonopsy CY(R) and 22-gauge Biopsy Needles for Endoscopic Ultrasound-guided Fine-Needle Aspiration of Solid Pancreatic Mass Lesions.


Mizukawa S, Kato H, Muro S, Akimoto Y, Uchida D, Tomoda T, Matsumoto K, Yamamoto N, Horiguchi S, Tsutsumi K, Okada H, Inoue H, Tanaka N.


Acta Med Okayama. 2016 Oct;70(5):417-420.
PMID: 27777439


友田 健 先生の論文がActa Med Okayama誌に掲載されました



2016/10/26

友田 健 先生の論文がActa Med Okayama誌に掲載されました。

おめでとうございます。

A Multicenter, Prospective, Randomized Controlled Trial Evaluating the Efficacy of Rectal Diclofenac and Sublingual Nitroglycerin as a Combined Prophylactic Treatment for Post-ERCP Pancreatitis.
 

Tomoda T, Kato H, Mizukawa S, Muro S, Akimoto Y, Uchida D, Matsumoto K, Yamamoto N, Horiguchi S, Tsutsumi K, Okada H.
 

Acta Med Okayama. 2016 Octoaber;70(5):405-408.
PMID: 27777436


第7回 OKAYAMA GUT STUDY GROUP(O-GUTs)講演会が開催されました



2016/10/23

10月22日(土)に岡山コンベンションセンターにて、第7回 OKAYAMA GUT STUDY GROUP(O-GUTs)講演会が開催され、岡田 裕之 教授が開会の辞を述べられるとともに、河原 祥朗 先生が座長を務められました。

 
当科からは榮 浩行 先生および井口 俊博 先生が一般演題を発表されました。
また広島大学大学院医歯薬保健学研究科 内視鏡医学 田中 信治 教授をお招きし、臨床研究の取り組みについて特別講演を行っていただきました。
 
関連病院からも多数の先生方にご来場いただきました。

加藤 博也先生の論文がJ Dig Dis誌に掲載されました



2016/10/21

加藤 博也 先生の論文がJ Dig Dis誌に掲載されました。

おめでとうございます。

Outcome of self-expandable metallic stent deployment in patients with malignant gastroduodenal outlet obstruction and Niti-S and WallFlex comparison: a multicenter retrospective clinical study.

Kato H, Kawamoto H, Matsumoto K, Moriyama I, Kamada H, Tsutsumi K, Goto D, Fukuba N, Kato K, Sonoyama H, Isomoto H, Okada H.
 

J Dig Dis. 2016 Aug;17(8):518-525. doi: 10.1111/1751-2980.12377.
PMID: 27383654