教室の歴史

  • 現在の診療・研究活動の概要と目標
  • 上部消化管研究

現在の診療・研究活動の概要と目標

 教室は島園順次郎教授(1913年~)を初代として約100年の歴史を有する。従来、消化器病学、循環器病学、糖尿病学、腎臓病学、感染症学など幅広い 分野で研究・診療を行ってきたが、臓器別診療再編成により現在では消化器病学・肝臓病学を中心に診療と研究を行っている。
 肝臓病学では、B型及びC型ウイルス性肝炎、自己免疫性肝疾患及び肝細胞癌の診療と研究が中心である。研究面ではインターフェロン抵抗性肝炎の新規治療 法の開発、自己免疫性肝炎や原発性胆汁性肝硬変の機序の解明と新たな治療法の開発、肝細胞癌の分子生物学的診断・血管増殖機構及びその阻止方法の開発等を 中心に、基礎及び臨床の両側面から研究を行っている。
 胆膵領域では予後不良な膵臓癌・胆道癌を中心に診療及び研究を行っている。内視鏡を利用したステント挿入により閉塞性黄疸を回避し、有効な抗癌剤治療を 可能としている。また研究面では膵臓癌早期発見のための遺伝子(SNP)解析や疾患特異的な糖鎖解析などを推進している。
 上部消化管の領域では、食道癌、胃癌の内視鏡的治療(ESD)を積極的に行っており、技術的に高度な医療を行っている。研究面ではH.Pyloriと胃 癌、逆流性食道炎などについて推進している。下部消化管領域においても、大腸癌に対する内視鏡的治療を積極的に施行し、炎症性腸疾患や悪性腫瘍のエピジェ ネティクな変化などの幅広い分野での研究を行っている。
 大学病院及び研究科の使命は難治性疾患の克服であり、診療面では最先端のあらゆる技術を駆使して診療を行っている。また、現時点で解決ができない問題について臨床への応用を目指した研究を推進している。

教室のあゆみ

1913年-1916年 初代 島園順次郎 教授
1916年-1921年 2代 筧繁 教授
1921年-1921年 3代 広瀬耕一 教授
1921年-1925年 4代 金子簾次郎 教授
1925年-1945年 5代 稲田進 教授
1945年-1956年 6代 山岡憲二 教授

 岡山大学医学部第一内科学教室は、1870年の岡山医科大学創設から始まる歴史を有しているが、第6代の山岡憲二教授は感染症学と消化器病、特に肝臓病学を中心とする診療と研究の体制の礎を築いた。

1957年-1976年 7代 小坂淳夫 教授

 岡山県某地区における急性肝炎の大流行を受け、本格的なウイルス肝炎の研究を開始。特に急性肝炎の慢性化の問題につき、疫学、臨床診断・治療、病理形態 学、生化学、免疫学と多方面からの検討が行った。肝疾患の腹腔鏡検査は全国に先駆け開始され、病理診断学でも大きな成果を挙げた時代である。
また、循環器病学、消化管、胆、膵臓病学、糖尿病学、腎臓病学、感染症学と多くの内科系分野の診療と研究もなされた。

1976年-1987年 8代 長島秀夫 教授

当初はB型肝炎ウイルスの発見を契機に、肝臓病学で免疫学的手法や電子顕微鏡を用いた研究が隆盛となり、臨床的にもSteroid long-term therapyなど独自の治療法の開発をした。
また、肝細胞癌の生化学的診断や画像診断、さらには肝性脳症を含む肝不全の研究でも多くの成果を得た。この時期から、診療・研究分野が消化器病学、循環器病学、感染症学、糖尿病学となった。

1987年-2002年 9代 辻孝夫 教授

 『病める人の心を癒す』を座右の銘とし、研究テーマは臨床に還元できることを念頭にして、教室の舵取りを行い、また、医師過剰時代にも対処するため、教室員誰もが臨床手腕も十分身につけられるようバランスのとれた内科医の養成に尽力した。一方、消化器病・肝臓病学・循環器病学・糖尿病学・感染症学の分野において、免疫学的・分子生物学的手法を用いて精力的に研究を押し進め、多くの業績を挙げるとともに日本内科学会中国支部代表、日本肝臓学会理事などの要職を務めた。

2002年-2006年 10代 白鳥康史 教授

 慢性肝疾患、肝臓癌をはじめとする消化器疾患の研究に長年携わり、平成14年4月に東京大学消化器内科から岡山大学に着任した。消化器の日本一を目指し て、臨床研究や分子生物学的手法を用いた研究を行い多くの成果を得た。 モットーは「真実を極め、医療の頂点を目指す」。

2007年-2014年 11代 山本和秀 教授

2015年-現在 12代 岡田裕之 教授